いのちの川

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年はとっても 10・1・19

 朝の日差し明るく、今日は昨日より暖かそう。パソコンの前に座るより、外に出て、光を浴びたほうが心地よさそう。今日の予定は書を練習しなければならないので、うれしい友の誘いもお断りして、書くことにいそしみましょう。
 書かねばならない。だから書くではなくて,作品提出日はわかっているのだから前もって準備すればよいのに、例によっておっとりと動き出すので遅い。いけないね、余裕を持ってことを運べばよいものを、自分で責めている。年をとってきたということの中に逃げ込まず、もっと頭をつかわなくちゃ、このごろ特に悲哀を感じている。過ぎたことをなかなか思い出せないでいる。ぼーっと闇の中にかすんでいるのである。
 努力して思い出すように努めないとますますかなたに行ってしまう。でも自らを慰めていることに、今こうしてブログに書けていることである。
 
 
[PR]
by hirokokk | 2010-01-19 10:20

書  仲間展  10・1・18

 友が立ち上げている 仲間展をみにいった。昔私も一緒に学んでいたが、止めて今はみにいっているだけである。当時学んでいたお仲間の上達された書にがんばって練習されたことだろうと思いながら拝見した。
 止めないで継続されることの結果をみる思いがした。
またそれぞれの個性が出ている作品でいいなーと思うもの、またもう少し書いたほうがいいなーと思うものさまざまであった。これからも書き楽しんで続けてください。見せていただいてありがとう。また毎年企画し実施されることの実行力に、頭が下がります。

   昔共にまなんだ友たちの
   力強く 美しく 優しい雰囲気や
   動きのあるものと
   さまざまの書に出会い
   ひとときの余韻を楽しんで
   うれしかった

   あきらめないで
   書き続けることの
   結果を見る思いし
   楽しみ喜んで
   続けてくださいますようにと
   祈ります
  
[PR]
by hirokokk | 2010-01-18 09:16

バレー白鳥の湖 09・12・15

 市民ホールに、キエフ・バレエによる白鳥の湖をみにいった。バレエを見るのはほんとに久しぶり、若いとき白鳥の湖を2回ぐらい見に行ったきりで、長い間みにいっていなかった。内容を知っているし、なんとなくもういいんじゃないという気がしていた。しかし友に誘われみにいったが、美しい調べとともに幻想的な雰囲気、人間の体の美しさと繊細な表現力に圧倒された。美しい体のダンサーたちがしなやかなで、人とも思えないような柔らかい動きを表現し指先足先まで気が通って緩みがない。何回も毎年見に行かれる人もいるが、この魅力に囚われるとそうせずにはいられなくなるなと感じた。何でこのような動きで、美しく滑らかに表すことができるのだろう。もちろんその影にはたゆまぬ訓練があることだろう。ここでまたおもった。人はいろんな分野で自分を表し、表現しているのだが、ここでもバレーの分野で、みることができた。
 オデット姫の美しく、自由自在に体を駆使して思いを表現している姿、またジークフリートの男性でありながらもりりしく素敵な姿、形で、踊る動きに魅了された。

 バレーの衣装の白さに
 目も心も清らかにされ
 お話進むにつれ
 この世界にはまる

 オデットになりきって
 ジークフリートに
 動きの深さで
 心の思いを
 愛をあらわして

 ともに愛し愛されて
 じゃまするものにも
 勝利した
 
  
[PR]
by hirokokk | 2010-01-17 11:22

ことばと文字 10・1・12

 日ごろ何気なく言葉を発しているが、言葉により互いの意思を伝達し、さらに文字に書くことによって、コミニュケーションを、時をへだてて、あるいは場所を異にして正確に伝えることができる。
 世界で最初に文字が発明されたのは、紀元前3100年ごろ、メソポタミアにおいてであり、それから少し遅れてエジプトでも考案されたという。はじめは絵文字からの出発であった。
 メソポタミア ウルクの(上から数えて)第Ⅳa層で発見された絵文字は、世界最古(前3100年頃)の文字の一つと考えられている。その絵文字は、粘土板にとがった葦のペンのようなもので、主として直線と曲線を用いて描かれている。これらの文字はまだ完全には解読されていないが、だいたいが、表意文字(表語文字)だと考えられる。次に絵文字から楔形文字に移行した。エジプトの文字も、メソポタミアの文字と同様絵から出発するが、メソポタミアでは絵文字から楔形文字に変化して、元の絵のかたちが失われていったのに対し、エジプトでは、絵が象形化されるが、多くの場合、もとの絵がすぐに識別できる明らかな絵文字として、使い続けられる。現在世界でもっとも使われている文字は、ローマ字のアルファベットであろう。アルファベットはいつごろ始まったのであろう。ナイル川上流の洞窟で、最古のアルファベット文字が発見された。(前1900年)
 これからの時代は、前の時代に比べて電子機器が発達しているので、たくさんの情報が集まり保存されることだろう。
[PR]
by hirokokk | 2010-01-12 15:36

ニューイヤー名曲セレクション 010・1・10

 今年初めての音楽鑑賞を友と市民ホールに聞きにいった。「ウインナーワルツとニューイヤ名曲ーセレクション」で、サンクトペテルブルグ室内合奏団の演奏で行われた。
 晴れやかに美しい響きのワルツやポルカで 美しく青きドナウ「こうもり」序曲 「ラデッキー行進曲」など
美しい音の響きの中で心も清められるような思いがした。今年の初めに演奏を聞くことができたのはほんとにうれしいことであった。しらべのなかに、こころ沈め曲の中に自分を埋没させ、聞き入るひと時は、至福のときであった。いっしょに聞くことができる友が、隣にいるというのも嬉しいことであった。
 

 清らかな美しい響きの音
 流れるように 踊るように 滑らかに
 そしてあるときは激しく また静かに 
 響きは流れていく
 ラデッキー行進曲では
 体が自然に調子をとり
 会場の皆さんと
 手拍子を打ち ともに動き出す

 美しく青きドナウの曲聞けば
 昨年12月初めに友と行った
 ドナウ川に思いをはせ
 流れをおもい浮かべた
 聞きなれている曲の美しさと
 心ひとつになり
 響きの中に とけこんでいった
[PR]
by hirokokk | 2010-01-10 23:29

新年をむかえて 010・1・3

 新しい年を迎え、新たな気持ちで今年もあゆみたい。念願の自作詩集を、まとめて選び出し本にしよう。今年の終わりには仕上がりたいものだ。さあ書き溜めたものを引っ張り出し、選び出さなくては、あまりにたくさんあるので、ちょとたいへん。でもたのしい作業でもある。どれを取り上げ、どれを捨てるか選定も時間のかかることである。
[PR]
by hirokokk | 2010-01-03 21:28

2009年よさようなら  09・12・31

 例年のごとく60回目の紅白を見ながら、今年もくれていく。
歌は思い出を鮮明にし、懐かしさと、朝の希望をもたらす。今は3年前になくなった母と共に、子供のころ年の暮れには紅白をみていたのだが、毎年のように最後まで見たいと思いながら、ねむってしまっていたのが、今やそのことも懐かしく思い出となっている。
 子供のときの思い出す歌には、りんご追分、青い山脈、夏が来れば など。このごろの歌はほとんどしらない。
 歌によりいきてきた、私の人生をほうふつとさせられる。

今も生きる私
過ぎ去った日々思えば
胸がキューンとなる
よく生きているよ
生かされていることに感謝して
先のことはわからないけれど
一日一日を大切に
笑顔で生きたい

生きること味わい
神さまに感謝して
残された日々は
いかほどかわからないけれど
大切に過ごしていこう

この一年出会えた
心からの友と
楽しく朗らかに 共に
命もやして生きていこう



互いに命の泉を溢れさせ生きていこう 
[PR]
by hirokokk | 2010-01-01 00:08



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧