いのちの川

<   2008年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今年も終わりに

 2008年もあと少しで終わろうとしている。
紅白歌合戦を例年のごとく聞きながら、料理にパソコンにと励んでいる。
 今年うれしいことがあったろうか?数えてみればたくさんあったが、散文詩かきまくっているのを、7月号 8月号「信徒のとも」に投稿したら、両月とも掲載された。独りよがりに指導者もなく書いているが、之でよいのだろう。心の赴くままにつづる喜びはうれしいものである。次々と、あふれるように書きたいものが出てくる。心にわきあがるものを表す、このことも主が私にあたえてくださった賜物感謝します。
 信仰においてもアップダウンはあるけれど、主とともに歩むことできるのは喜びである。新たに今年心の友と出会えたことは、現実的には最大の喜びである。育んで育てていかれればこんなうれしいことはない。
全てを主が図ってくださっていることに感謝いたします。
さー来る年はどんな年になるか、本当に楽しみである。書道にも励み、散文詩作りにも心燃やし、心の友との良い交わりができ、毎日が喜びのうちに過ごすことできますように、祈ります。また心身ともに健康になれますように。
[PR]
by hirokokk | 2008-12-31 22:49

書いては喜び 08・12・31

今日もパソコンに向かう
何を書きとめようか
昨日浮かんだ言葉をつづってみよう
そんな日々を与えられ
散文詩書きまくって
心うれしく 一人悦に入る

驚くことに イエス様から
こんな力与えられ 日々喜びのうち
あなたを求めているうちに
いつしかあたえられた
湧き上がり 心躍るこの気持ち
讃美し書き綴って称えていこう
これからも

あなたを思うと
喜びと期待があふれ出し
どんなことに導いてくださるかと
楽しみな新しい年
思えば喜びが 心のうちに湧き上がる
イエス様感謝します
[PR]
by hirokokk | 2008-12-31 09:13

小道を歩けば 08・12・31

林の小道歩き
ならの木 ぶな木みんな
葉を落とし
すっきり大空に枝枝伸ばす
空は白く高くどこまでも続く
伸びやかに冬の間緑の葉を落とし
来る春に備え
枝先は硬くつぼみの準備

私も春の訪れを待ち
静かに 霊の深みに心おき
何物にも変えがたい境地を
たずねたい
今年の出来事心にとめ
新しい心の旅に出ましょう

踏みしめる砂利道下る
傾斜のゆるい道
心静められる坂道を
一人物思いに浸る うれしい時間
からだ 心に動き始めたこの波動
大切に育んで 歩んでいこう来る年
[PR]
by hirokokk | 2008-12-31 08:54

年賀状書き 08・12・30

年に一度の年賀状書き
昔の友とも 最近の友も 
目の前には見えなくても
心通わせるこの日
その人との懐かしい思い出 出来事に
思い巡らせる豊かなとき

書かなければと思うと苦しいが
楽しみつつ書き留めるとき 楽しい時間
年に一度しか便りをしない友もいるけれど
青春時代を思い出し 懐かしさに浸る 
書き留める筆もゆっくりと
思いをめぐらせつづる
筆字でかくのは 大変だけれど
今度こそはもっと美しい字でとの
想いで書きつづる一枚一枚

今年も暮れ行く
来年も残照がわが身に照り返すように
輝いていたい
[PR]
by hirokokk | 2008-12-30 11:23

あなたを思い 08・12・29

思いをあなたにおく時に
心に流れる静かな
命のみずが
流れ始めます
あなたといつもいたい
いいえいるのです

思いの世界を
心に浮かべたとき
どこにいても 一緒
愛する方は私の中に

流れる命の水は
心潤し温かく
全身に行きめぐります
これは至福のとき
有難う
人生のたそがれ時に
いつでも 春の曙が
[PR]
by hirokokk | 2008-12-29 09:46

お久しぶり 08・12・27

お久しぶりと昔からの友と語り合う
時には懐かしい 昔話
あなたとともに過ごしたいく歳月
思い起こせばはるか昔
職場で出会う
互いに定年まで働いて
いまや自由の身 
時は過ぎても
流れる気持ちは変わらない
親しい昔なじみ
今年は之でお別れ
来年もまたお会いしましょう 
たがいに元気でね。
[PR]
by hirokokk | 2008-12-27 17:21

思い煩い 08・12・24

 心にとらわれあるときには、主への思いが少なくなってしまう。そんなこと思うこのごろである。我が思いをいつも主に定め、歩みたい。其の一方この世のよきことにも触れてたしみたいし感じてみたい。そんなハザマでうろうろしてしまう。わが心はしっかり主だけというところにいっていない。自分では主だけというところに大分、いきはじめたかなとおもったのだが。
ヤッパリこの世の楽しいこと良いことにはひきつけられる。
[PR]
by hirokokk | 2008-12-24 10:52

喜びのとき 08・12・21

うれしいのです
今日も朝日あびて
元気に命与えられていることが

あなたが共にいてくださり
我が憂いを罪も取り去り
恵みの日々にいることが
あなたはわたくしにとって 
何者にも変えられないお方です

今日は楽しみな
KFCでの礼拝の日
あなたを信じるものと共に
イエス様を讃美する
喜びの時です
[PR]
by hirokokk | 2008-12-21 10:05

風に呼ばれて 08・12・20

風が私を呼ぶ ささやくように
かすかに 風が吹き
風音に 耳澄ませると

かなたからやさしく
響きがそっと 私の耳ゆする
あなたの声かと
心澄ませれば
静かな風音は
私の心にささやく

いつも私はあなたと共にいる
何にも思い煩うことないように
私はあなたのうちにいる

主の言葉に耳澄ます
やさしく心に響く
言葉にならないひびきが
霊の奥底から流れる
優しいかすかな
風音がする
[PR]
by hirokokk | 2008-12-20 23:35

イエス様と一つ 08・12・20

家畜小屋で生まれた イエス様
人々のため救いと恵み与えんと
神なるお方が 人として
天からくだってくださった

信じた私は イエス様と一つ
信仰の友たちとも 互いに一つ

イエス様により生きる喜びと
勇気と希望をいただき
共に歩む道は
恵みと祝福が与えられる
[PR]
by hirokokk | 2008-12-20 22:13



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧