いのちの川

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

光 手のひらに  07・10・31  (32)

光を 手のひらに載せ
光の玉 そっと包めば
心の深みに 光差し込む

まぶたとじ 光仰げば
ひかり満杯
愛に満ちた 温もりの
貴方の中で 歩みたい
いつ いつまでも

光なる
イエス様は 私の導き主
父なる神様へと
   ヨハネ 14:6
私は道であり 真理であり いのちである。
私を通らなければ 誰も父のもとに行くことが出来ない。
 
[PR]
by hirokokk | 2007-10-31 08:56

光   07・10・31

光 光仰ぎ見る
光なる方の恵みにより
子となったわたし
貴方をしたい求め
わが父よと 御名を呼びます

貴方のぬくもりの中で
我が内に光差し
光受け止め
光で照らされます

其の光は 
温かく骨の髄まで照らし
かぐわしい香りに
我が心も体も溶け込み
貴方と一体

イエス様によって
父なる神様とまじわり持て
心から感謝します
[PR]
by hirokokk | 2007-10-31 08:24

友の前進を祝して  07・10・29

礼拝の祈りのとき 
自ら前へ踏み出した言葉
長き病 主により癒され
自らの力で働き
くらしの糧を得るため
踏み出しの一歩 前進

なんと嬉しいことでしょう
これまで主の導きにより
今日を迎えられて 主への
感謝がこみ上がります
本当におめでとう 
心からの喜びでお祝いします

貴方の 主にあっての歩みは
きっと平坦なものではなく
敵との戦いの連続であったことでしょう
主が共に戦ってくださり
主は勝利のお方
主の中で歩む あなたの敵は足の下

主よありがとうございます
共に貴方の命受けるものとして
こんなに嬉しい日はありません
これから なにがあっても 大丈夫
イエス様貴方が 共におられます
ハレルヤ!ハレルヤ!と感謝し
喜びの声上げます
[PR]
by hirokokk | 2007-10-29 17:30

21日礼拝から (命の路線を )  07・10・29

善悪の路線は 滅びの道
命の路線に戻れ
主イエスが開いてくださった道
十字架の血潮で開かれた道
命の路線を歩み 
命を与える イエスの霊受けよう

イエス様は言われます
文字は人を殺すが 霊はひとを生かす
私が望むのは イエス様
信仰の本質は この方を知り
I AMの実体化
命を現す御霊によって導かれ
イエスさまを証する

命は心から湧き出す
罪ある身をイエス様の十字架で
清められ 私の古いものは死に
新しい命にいきかえった
心をキリストに委ね
キリストのうちに生きる

いまやクリスチャン
命の御霊の法則がする
キリストの命を届け
命を育てる霊の奉仕者

  ローマ7:4
ところで兄弟たち、あなた方も、キリストの体に結ばれて、律法に対しては死んだものとなっています。それは、あなた方が、他の方、つまり、死者の中から復活させられた方のものとなり、こうして私たちが神に対して実を結ぶようになるためなのです。
[PR]
by hirokokk | 2007-10-29 15:17

光なるお方   07・10・29

光なるお方 イエス様から
光を浴びたくて
貴方に思いを向けます

貴方はいつも私の傍らに
しずかにたたずみ
やさしいほほえみうかべ
見つめて下さいます

私がそれに気づき
心を向ければよいこと
貴方はいつも いつまでも
変わらないお方です

私はただ貴方の
おそばにいるだけで 満ち足り
心ほんのりいろずいて
唇はいつしかほころびます
あーこのやすらぎは
何物にも変えられません
[PR]
by hirokokk | 2007-10-29 08:55

息子からの祝い   07・10・28

また年を取り 
老いを感じるこの身
誕生祝にレストランへ 
長男夫婦から招待受ける
仲良く暮らす2人から
流れる笑顔に喜びまして
いただく食事も おいしく楽しく
あっという間に過ぎ行く時

あれこれ我が身辺のこと語るうち
すぐ忘れるので 「ボケ心配だわ
頭を使うことしようかしら 
たとえばギリシャ語とか」
「何でーギリシャ語?」
「うんー今日メッセージで聖書を読むのに
ギリシャ語や英語で読むと良いと 
日本語は違訳が多いそうよ」

「母さん それより話を聞いていると
体を動かすことがないね」と
「オーそうだったほんと
スポーツジムでもいこうかしら」
お嫁さんの言うには
「フラダンスがいいんじゃない
お年の方も出来そうよ」
「少しは鍛錬しなくては 病ありでも
薬飲んでばかりはだめね」
あれこれはなしは尽きないが
今宵は良い時を過ごせて有難う
[PR]
by hirokokk | 2007-10-29 00:15

温かいことば  07・10・28

メールやブログの友から
わが誕生祝いの言葉に
心温められ 平安訪れる
なんと嬉しいのでしょう
思いもかけなかった方がたの
短い言葉に
人の優しさ表れて
我が心に喜び満ちる
ありがとう 有難う おことばを

年をとり 頭も体も鈍くなり
思う様にはいかないけれど
生きている 生かされている今 
イエス様に導かれ歩みましょう
[PR]
by hirokokk | 2007-10-28 23:47

命ながらえて 07・10・27

今日は私の生まれた日
いつの間にやら68
なにをしてきたかと、振り返れば
生きるための糧にと40年
家族のため自分のためと

今や心のゆとりのなか
主を知り 主への熱い思いが
あふれ出て 感謝で日々過ごす

アップダウンも すごく
心の苦しみもあるけれど
主から目を離さず 歩む時
変えられていくことだろう
そうしてくださいますように
[PR]
by hirokokk | 2007-10-27 11:57

秋の色合いを楽しむ  07.10・25


書をかいて
疲れたからだ ほぐそうと
小さな公園の
木々の色 いつしか
淡い色へと変化する

この葉落る
淡き命を みわたせば
足元に 枯れ葉あり 
色さまざま とりどり
落ち葉探して 
桜 もみじの葉 
赤く色あい美しい

木の葉落ち行く瞬間に
出会えてうれし
神様のなさること
散りぎわさえも美しい
ありがとうございますと
心で こうべをたれる
[PR]
by hirokokk | 2007-10-25 18:41

西の空   07・10・20

小さな公園で
西の空仰ぎ
大きな木にもたれ
背中ひんやり
感触味わう

木の間より光さす
周りを見渡し
静かに目を閉じる
まぶたの中はオレンジ色
まぶたあけ  まぶたとじ
そっと 目を開ける
光入るせとぎわで
ボーとした青さみる

まつげの間より眺める景色
淡い感じの世界
現実の地にいながら
薄い霧のかかった世界を見る
静かに静かに意識の集中が
違った世界に 私をいざなう 
[PR]
by hirokokk | 2007-10-20 18:04



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧