いのちの川

<   2007年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

谷川の流れに  07・8・28  (35)

山の谷川の水、さらさら淀みなく流れ
わが心の水も 静かに流れる
清い流れを見つめ 
流れる水のごとく わが心の汚物も
流し去ってほしい
光に輝き、きらきらと
転がるごとくわが 心のよどみを
ながしたまえ
透明な水の流れは 心澄ませ
癒しが 流れてくる
貴方から流されたいやしの水が
流れ来る
[PR]
by hirokokk | 2007-08-28 16:47

流そう命の水 (礼拝から思う) 07・8・28

命の水 命の源 
それはイエス様 栄光の望み
この方を知るよう もっともっとと 餓え渇きがおこります
貴方を愛し 慕い求めます
いまや貴方に出会えたこと わが最大の喜びとなりました
苦しみ襲い 雑念にとらわれ 心騒がしくもなりますが
貴方に目を向ける時 
貴方に覆われていることに感謝します
新しい契約の血によって、新しくされている私です
受身の満足を求めることなく
貴方の命を 幸いを 他のものに流す者となりますように 
[PR]
by hirokokk | 2007-08-28 09:45

主のもとに集う  07・8・22

   心のふれあい                                               心のふれあいは 温かい
こころ通う 友との語らいは
互いの命に触れ合って
安らぎ くつろぎ安心する
何か心ぬくもれる

変化の中の互いのぬくもりに触れ
なにがあっても なくっても
互いの命流し合う そんな大切なときを
共有できること喜んで
人との交流はうれしいもの
[PR]
by hirokokk | 2007-08-26 02:46

温もり求め   07・8・25

あたたかき心のふれあい求める
私は人間 自由な人間
演技せず 自分を飾ることもなく
ありのままでいて しかも真の
人間性持ちたいもの

私の人間性とおして
表現されるため 不可欠なこと
それは
人との心のふれあい
誰かとともに安らぎ 
誰かとともに くつろぎ安心する
人にとってもっとも大切なもの
互いの温もり
[PR]
by hirokokk | 2007-08-25 22:11

主のもとに集う者の証 ②

  懇願するイエス様
 
主と交わった言葉語る友
あるとき私の人生なんだろうと
苦しみ心悩んだとき

そのとき イエス様前にひざまずき
私のほうを向いてほしい 
交わってほしいと 懇願された
何処にも行かないでほしい
ずっとずっと私の そばにいてほしいと
何処にも行かないでほしいと
足元で 懇願された
それからの日々 自分に死に
イエス様の導きに歩む
[PR]
by hirokokk | 2007-08-25 16:39

主のもとに集う  07・8・22

  命の交わり

友の言葉に 心打たれる
今日も死なずに生きている
この言葉の中に 含まれる深いもの
大変なところを
くぐってこられたこと 偲ばれる

忙しく立ち働くことでもなく
今では 安息することが 奉仕という
生きている 生きている 
イエスとともに生きている

我らクリスチャン 
イエスに吸引され 光発するもの
その人といると何か安心 ほっとする
心地よいものかもし出し
雰囲気流れること大事
ここにわが身のみならず 
人をも包み込む 愛生まれる
[PR]
by hirokokk | 2007-08-25 16:12

初めの愛  07・8・25

イエス様信じて いつしか時が経ち
激しく求める気持ち 眠りに入り
また時が過ぎた

KFCに出会い 置き火燃え始め
学ぶ聖書の言に 心踊り
立ち上がり 動き出す

いまやこの方思わない日はなく 
イエスさまと名を呼べば
答えるがごとく唇振るえ
胸元に喜び満ちる

あの激しく燃えた
知りたい知りたいこの方を 
求める気持ち取り戻し
初めの愛に帰った思い

イエス様いつでも訪れて
いまやこの方と一つ
苦しいことも 起こってはいるが
心の平安崩されない
この方が最善にしてくださるという 
そこに留まれる
わが心の不思議 続く日々
[PR]
by hirokokk | 2007-08-25 08:59

友を思い   07・8・24

青き空に 白き雲浮かぶ
この広き空に続く 
はるかかなた北海道の地を
友は一人旅をする
自転車に乗り 自然とともに

自然の中に 己を溶け込ませ
命の流れを解けこませ
命の流れに共感し
旅しているだろうか?
[PR]
by hirokokk | 2007-08-24 23:25

主のもとに集う者の証から 07・8・24

   心のふれあい                                               心のふれあいは 温かい
こころ通う 友との語らいは
互いの命に触れ合って
安らぎ くつろぎ安心する
何か心ぬくもる

人である以上 清濁併せ持ち
悪しきこと 穢れ 疎ましさ現れたり
麗しく すがすがしさ感じたりと
さまざまに変化する

変化の中の互いのぬくもりに触れ
なにがあっても なくっても
互いの命流し合う そんな大切なときを
共有できること喜んで
人との交流はうれしいもの
[PR]
by hirokokk | 2007-08-24 15:15

光を求めて  07・8・24

霊的な光は 
目には見えないけれど
教える必要のない
真の自分が見える
本当の教えは 神の光で 
真の自分を見る

光は私の入る環境に届く
イエス様から発する光が
彼と一つであるとき
時空を越え 私に達する

イエスさまと一つになり 安息するなら 
私も光が発せられる
私は光です  けれども
主が働かれる時 痕跡は残さない
[PR]
by hirokokk | 2007-08-24 10:28



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧