いのちの川

<   2007年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

神の命の中で  07.4.30  (20)

 神の命流れる 
 私ではなく
 神が満たされる礼拝に

 静まった中
 ただ主だけに
 心向けて

 自分を手放し
 主が満足される
 真の命受けよう

 日ごとの歩みに 
 コツコツと
 育ててくださる神

 小さなことも
 自分から解き放ち
 ゆだねる道のりを
 
[PR]
by hirokokk | 2007-04-30 21:33

子ども会花壇 07・4・30

日差しも暖かく 小さな公園の

小さな花壇

ほらこのかわいい花はアリッサム

びっちり詰まって

丸いたまのよう かわいい

ほんとに仲良しね
[PR]
by hirokokk | 2007-04-30 21:04

緑の葉  07.4.30

 緑の木々が

輝き光受ける

転がるような光の帯に 

踊り狂う 大気の中に


この葉に命の水流れる

幹生かし 葉を茂らせ

みずみずしく 命現す

貴方の恵み 一面に
[PR]
by hirokokk | 2007-04-30 20:28

たんぽぽ 07.4.27

道を歩けば ほらあそこにもここにもと
春盛りとタンポポが
黄色の鮮やかな色合いみせ
凛と咲き誇り
元気呼び寄せる
はや綿毛となり 今にも飛びたちそう
どこに流れるのかお前も楽しい旅をしておいで
空に向かって飛びゆき
新しい世界を見ておいで
私も空を飛べるなら 
フワフワ飛んで 青空泳ぎたい
あの方 どうしているかとそっと尋ねてみたい
あの方を
[PR]
by hirokokk | 2007-04-27 18:45

また祈り  07・4・25

主に向かい 貴方を思い
ただ無心に祈る
あるとき神様は私がこんなに祈らなくても
すべてご存知なのよねと 
チヨットと立ち止まる

すると聖書のやもめの女
裁判官にうるさいほど求める姿が浮かび
願い求めなさいという主のお言葉も思い浮かぶ
ヤッパリ祈り続け 求めるわ
[PR]
by hirokokk | 2007-04-25 09:59

祈り  07:4:24

主にいのる
病への祈り 願いへの祈り
人への祈り 明日への祈りと
たくさんあるけれど
一番の祈りは 落ちることなく
主といつもつながって
お話できますようにである
[PR]
by hirokokk | 2007-04-24 21:24

ことば  07・4・18

           ここに言葉がある 
           ことばはあなた
           貴方は主  私の神

           ことばにより神を知り 
           イエスさまを知る     
           人は言葉により 
           互いを知り 深まる

           聖書のことば
           いのちの言葉
           光り輝き道を示す
               
[PR]
by hirokokk | 2007-04-18 17:17

赤き椿  07・4・18

          雨にぬれた 椿の花

          真紅も鮮やかに

          落ちた椿は我が心

          熱き血潮 ポトリと落ちた



          貴方に頼らず 自立して

          傷ついた心 休ませ

          主を仰ぎ 歩きつづける道に
[PR]
by hirokokk | 2007-04-18 16:58

詩心の中で  07・4・18

心の響きを 詩に書きとめる
心の叫びを 詩に託す
過去の痛みを鋭くえぐり
キューんと胸にさし 自虐する
流れる血を眺め 自由に泳ぐ

明るい希望を詩に 投影する
己の内側 風に吹かれるくず
だが主の恵みの中で 生き延びる
生きる 生きるイエス様の懐で
光浴び 霊生き返る  ハレルヤ!
[PR]
by hirokokk | 2007-04-18 13:22

自然の中で  07・4・17

主に呼ばれ 主に出会い
この愛の世界を教えられた喜びは
本当に嬉しく このお方に出会えてよかった

この地で出会うすべてのものに自然に人に
見る目が変わり 見つめるところが変化し
すべての背後に 神の姿を思うように変えられた
惰性で生きるのではなく 意思を持って喜んで生きる
生きることはキリスト キリストが私のうちで生きて下さる
キリストが 私のうちで生きてくださっている
普通に 普通のおばさんとして特別何をするのでもなく
今を喜んで過ごす
そんな日々のくらしの中で
自然の中を歩きながら 静かに思いをイエス様に置くときに
神様と共に息をハーモニーしている 命の流れをも感じる
何がなくても光と命が溢れてくる
嬉しくて嬉しくて一人微笑む
自然の中で木々の芽吹きを見 
緑の変化を眺め 色彩を楽しむ


人間と自然との関係に命のつながりをも感じる。共にこの地球という惑星に存在する中で
最近地球温暖化によるさまざの災害地震大雨竜巻などおきている。
世界の環境会議が開かれ 何とか食い止めようと努力はじめたが、アメリカ中国ロシア日本と二酸化炭素の排出量を多く出している。やがて大都市の多くが水面下に沈没するといわれていおり、今現に島が沈んだところもあるとのことである。神様は地を滅ぼす洪水は 再び起こらないであろうといわれているが、なにかあぶないきがしてきた。もちろん神様が約束をたがえることはなさらないが。
神様が与えてくださっている恵みを感謝して、すべての文明の進歩による弊害を変えるようになるとよいとおもうが。現実の私はこの文明の恩恵によくしていることも事実である。国の為政者を始め国民一人ひとりが考え実行する時が来ているように思う、たとえささやかでも。
私に何が出来るかささやかだが、 川を汚さないように家庭排水に心しているが、もっと出来ることを実行しよう。エネルギーの節約も。
[PR]
by hirokokk | 2007-04-17 19:57



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧