いのちの川

花の香り  07・5・8

花の香りにむせて
心いっぱい 霊の香りいっぱい
花の香りに酔いしれて
ふじの花房すかしてして見るは
極楽浄土か天国か
豊かな時を持ち
そばには信仰の友もいる
イエスの御業に引き寄せられて
み言葉とうし 今を語る
[PR]
by hirokokk | 2007-05-08 13:48
<< トイレの床石  07・5・8 光のあなた  07・7・8 >>



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧