いのちの川

周気堂の先生 09・4・19

昨日周気堂へ行ったら、先生に風邪を引いて芯熱があるといわれた。自分では気がつかず、かったるいなと思っていただけだった。翌日具合が悪くて一日寝ていたよ。

先生はお目めパッチリ澄んだ
大きくて可愛いまなざししているよ
白い上下の白衣が良く似合う
                                                                   まっすぐ前を見て
患者に目を留め
体のメッセージに耳傾け
何かを感じるごとく
時折まなこ瞑り 指先くるくる回し
静かにたたずんでいる
その人の体に流れる気に 
歩調を合わさているのだろうか


見えない世界を感じ
病が癒されるよう
その人の自然治癒力が
活発になるようにと
心おいてくださっている
自らの生命力と
回復力のすごさを
知ってほしいとも
願っておられるよ

先生がお元気で体守られ
病んでいる多くの方のために
助けてくださいますようにと
祈らずにはいられない

感謝してお礼申し上げます
[PR]
by hirokokk | 2009-04-19 09:36
<< 月の光と共に  09・4・23  風邪引いた 09・4・19 >>



散文 散文詩
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧