いのちの川

<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ブログに書いて  09・6・28

書きたくて 書きたくて
パソコンの前に座れば
言葉が流れ出す
あれも之もと心は走る
けれども一度にかけない
後回しにしたものは 忘れてしまう

そーなの すぐ忘れるこの私
何とかならないか
嘆いてみても始まらない

聞くところによると
よく噛んで、あご動かして、
頭を刺激する
手を使って文字を書く
パソコンではだめという
早々歩くことも頭にもよいそうだ
外を歩こうー
之から夏よね 日差しがきつい
どうしましょう 
日焼けはしたくないし
困っちゃうな
なんとかならないものか?
[PR]
by hirokokk | 2009-06-28 00:21

草津温泉 09.6・27

草津温泉へ6月16,17,18日に友と行った。

草津温泉湯畑の湧き出す
湯けむり眺めれば
硫黄のにおいはやさしくて
ここは香り100選の一つ

草津の温泉は 肌に心地よく
心もゆったり温もって
いただく食事もおいしさます
友と交わす言葉も滑らかに
楽しくながれていった

白根山バスで登る
途中の景色
残雪が 岩肌に残っていた
山上温度は14度C
寒いよ上着を
着ておけばよかったと
後悔したが後の祭り

片岡鶴太郎美術館や
西の河原公園にも
行ったよ
楽しい草津の旅だった
[PR]
by hirokokk | 2009-06-27 23:03

音の響き 09・6・27

流れる音の響きに
心いやされて
穏かに 滑らかに
流れはじめた心
ジーンとなぜか切なく
まだみぬ心の中の
君の息遣い
うっとり夢見る私

貴方は見えなくても
私の心の中に息づいている
流れる甘いメロディーと共に
しみじみと流れる
音の響きに浸り
夜空の月の光に
目を留める

じっとはるかかなたから
流れる月の光
この世の雑念解き放たれて
心配ないよと あの人は

思いは深まり
静けさの中で
夜空に浮かぶ月に
心静める
[PR]
by hirokokk | 2009-06-27 13:05

我が手  09・6・27

ふっと我が手に 目をやると
ぷっくりして可愛かったのに
長い年月よく働いて
しわもしみも見えるよ

共に働いている手
小さ過ぎると 
なげいたものだけど
役目を十分果たしてくれている
働き者の手

感謝の心で 見つめれば
走馬灯のように浮かんでくる
動いて つかめて 
書けて 触れるよと

この小さな手に有難う
 
[PR]
by hirokokk | 2009-06-27 09:32

時の流れ 09・6・21

時の流れの中に生きる私
ポーとしている間に 年をとり 
流れ去っていった年月は
戻ってこない
今日という日さえ
早くも朝には 昨日になる
過ぎた日は帰ってこない

今生きているときの中で、
心楽しみ 生きることを
神さまに感謝します

時の流れの中で
抜き手を切って 急ごうか? 
いやいや 流れの中で身を任せ
ゆったりどんぶりこで行こう
神さまの導きの基に
泳いでいこう

そして今日も 過ぎて行く
[PR]
by hirokokk | 2009-06-22 16:58

編鐘を聞いて  09・6・22

 昨夜版画美術館で、初めて編鐘をきいた。

編鐘の音色は 心に響き
澄んだ鐘の音は 心に染みる
ピアノ、打楽器等の調和も心地よく
幸せ含んで 今も鳴り響く
私の心もすがすがしく
清めてくれる鐘の音は
聖なる響きのごとく
私の心をゆるがせ 虜にした

高く透明感のある
清らかな音色に魅せられた
其の鐘は、
お椀を伏せたごとき形して
大中小あわせて35個

友と共に聞く調べは
ますます心に染みていく
[PR]
by hirokokk | 2009-06-22 16:28

君を思えば  09・6・20

君を思えば
こころに春が

君を思えば
篤きもの流れ出し
身体 緩む

君を思い
想像の世界に
心遊ぶ

君を思えば
微笑み湧きだして
至福の時過ごす

主イエスに感謝
[PR]
by hirokokk | 2009-06-20 12:35

身体の不調 09・6・14

何故か10日ぐらい前から
身体がだるくてたまらない
どうしたことか?かぜなのか?
咳もないし熱もないが

あーこのところ心臓の具合が悪い
少し痛みが時々ある
其のせいかもしれない
いや糖尿病のため?
どうやら動いてはいても
一歩一歩がだるい 重い
年もとっておりいろんなところが
わるくなっているようだ
欝になっているかもしれない
まだ死にたくないな
いつまで生きられるのか?

欝は心の持ち方と関係する
そうだ!私のうちに居られる神さまに 
あれも之も委ねよう
よろしくお願いいたしますと
[PR]
by hirokokk | 2009-06-14 21:52

月から見た地球  09・6・14

テレビで、月からみた地球が写っていた。
暗黒の宇宙に静々と上る地球
われら生きとし生けるものが
住まう大切な星
水色と白で輝く地球
この星の元にあらゆる生き物が
主によって創られ 息づいている
なにか胸が キュウンとなる

この美しくもはかなくも見える
我が愛する地球
この中であらゆる民族が
人々が暮らしている

あいも変わらず 戦争に明け暮れ
互いを殺しあっている国々もある
美しいもの 醜いもの含んだ
地球という星の元に生きている

主は互いに愛し合いなさいと
いわれているが 
いつまでたっても戦いは止まない
人の心の美しさもありながら
肉の思いで自己主張して
互いを傷付け合っている
なんとおろかなことだろう

人の心にはいつの時代でも
闘争心がなくならないのだろうか
人や動物あゆるいとしいけるものが
楽しくけんかせず住まうようになり
この地球が楽園になると良いのだが
一人ひとりが心から願い 
そうなりますように

いったい何が私に出来るだろうか?
大きなことでなく 私の周りに
愛の光を発するような私でありたい
イエス様お導きください。 
[PR]
by hirokokk | 2009-06-14 18:28

またまた 心  09・6・7

私の心は隠れているの
どこにあるのか知ろうと
触れようとしても
さわれない
でもちゃんとあるのよね
笑ったり泣いたりは
心からのもの

人の心は 雲の中
あるのやらないのやら
私の心には届かない
けれども あるのよね
神さまが吹き込んでくださったもの

聞いて 聞いてこの間
心通じたのか
どうしているかしらと思っていたら
その人から電話があったの
わけはわからないけれど
電波が流れたのでしょう
[PR]
by hirokokk | 2009-06-07 13:54



散文 散文詩
以前の記事
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧