いのちの川

<   2008年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

水墨画を見る   08.2.29  (38)

市民ホールに水墨画をNEさんNOさんと3人で見にいった。二人はご自分の作品を出している。NOさんは彼女の作品はもとより 指導されている生徒さんの作品も8点ほどあった。私も昔習っていたので、懐かしく 初心者の絵をみた。亦習いたい気持ちは残っているが、いまは イエス様に夢中なので、時間の余裕がない。というのは言い訳かな、才能がないのがほんとのこと。絵を見ることは好きで出かけるが、書くのは書きたい気持ちはありながらかけないでいる。願いとしては自分の書いた絵をこのブログに載せたい気はしているが。
 墨の濃淡と墨色でさまざまに表現できるのは面白いものである。広い空間と動きを感じる作品はいいなとおもった。
 受付で昔教えていただいた先生に出会えてうれしかった。あれから30年ぐらいはたっているのに、変わらずお元気な様子で懐かしくお話し、亦お稽古に誘われた。
 ほんとに久しぶりにお会いした昔の同僚NEさんとお話でき嬉しかった。私より8歳ほど年上で、私と同じにすぐ忘れるところがありびっくりした。 
 検査中とのことであるが、 私も頭の検査してもらおうかな。
早い時期は薬が効果があるということなので、まだ間に合うかな。そんなことおもわせられた。
この後国際版画美術館に足を伸ばし、町田市民美術展をみにいった。いろいろな分野の作品があり、書道写真絵画彫刻その他もあって力作がかざられていた。
それぞれの方が、 それぞれにご自分の好きな分野で、楽しまれているようだ。
[PR]
by hirokokk | 2008-02-29 22:43

寒梅   08・2・28

昔の友の言葉に誘われて
小倉山公園の寒梅を見にいった
風は冷たかったけれど 
満開もあれば ふっくら蕾ほころぶものもある
園内を静かに そぞろ歩きしながら
見下ろす景観は あたり一面
梅の花々で埋め尽くされている
白やピンクや薄い黄緑がかったもの
真っ赤に咲いた梅も
冷たい風の中にそれぞれ自分を表して
美しく咲いている
時おり香りも漂うが、風流れわずかに感じるだけ

上向けば青い青い空に 雲ひとつなし
日差しは晴れだが 風冷たく
八重寒紅 白梅 緑黄梅など 
幹に真紅の花が 
へばりつくように咲いているのが面白く
幹の色との対比で
ことさらに赤くくっきりと見える

見終わった後は友の「おわん」のお店で
おいしい和食をたのしむ 
素朴な味で 昔は良く家庭で作られた品々が
あっさりとした良い味を出している 
時間かけ 心こめて作る料理に優るものはない 
春は近いが まだ肌寒い よき一日だった
[PR]
by hirokokk | 2008-02-28 09:14

詩篇19編1-7から  08・2・27

広大な宇宙の様思うとき
その宇宙の一点にすぎない地球

そこに生を受け 今住まう
目にもみえず 耳にも聞こえないが
宇宙の果て果てまでながれる
神の聖ななる響きが全地に 
またこの私の心に鳴り響く

心閉ざすなら
分からない神の霊の世界
イエスさまの十字架のあがないにより
信じた私の心に 霊の窓開けられた

日々太陽の光注がれ
生きとし生けるものに命輝く
その温かい熱により
すべてのものはぐくみ 育てられる
主よあなたに 感謝いたします
[PR]
by hirokokk | 2008-02-27 21:02

民数記から   08.2.26

エジプトから 荒野に向けて出発する
主の言葉で モーセとアロンは
イスラエルの人々に 全軍配置を命じた

臨在の幕屋の周りに
それぞれの家系の旗印を掲げ
東側の正面ユダ 南側にルベン
西にエフライム 北にダンの部隊で
それぞれ10万から20万近くの人々が
兵役につく20歳以上の人々の
総数は60万3550人 
東に宿営しているものから 氏族ごとに行進し
レビ族は前に進ませ
アロンと共同体のために
臨在の幕屋の警護と仕事をする
レビ人は主のもの

オーなんと大勢の人々か
家族の数字を加えると さらに何倍にも増える
雲の導きにより 留まり また進む 
銀のラッパの合図とともに

想像するたびにすごい感動が 湧き上がる
選ばれた指導者の下に 神の導きにより
イスラエル民族を率いて 
荒野を前進してゆく姿が 彷彿とする
ものすごいエネルギーに圧倒され
主のされることのすごさをまざまざと思う
ハレルヤ!
[PR]
by hirokokk | 2008-02-26 11:14

あなたの癒しを友に  08・2・24

イエス様 あなたの名を呼んで
友の癒しを求めます
あなたを深く深く愛されている 信仰の友のために
どうかあなたの御手で体に触れてください
あなたは何でもおできになるお方
天地を造られた神様です
愛する友が、ガンの病のため 苦しんでおられます
あなたはすべてご存知のお方です
どうかどうか私の心からの切なる願いを
聞き届けてくださいますように いのります
[PR]
by hirokokk | 2008-02-24 22:50

やがて来られるお方  08・2・24

讃美の中 いつしか涙にじむ
ただこの方だけに わが思い注ぎ
称え讃美しましょう
イエス様あなたは天に座し
我が内にもおられるお方
時期を得た助け 恵み 哀れみの
タッチを受けて わたしはあなたと一つ

ホーリー ホーリーわが主 全能の神
やがてこられる方 
大勢の天使軍団を従え
天から降られます この地に
粛々と荘厳な 歌の調べと
曲の響きとともに 再臨されます
[PR]
by hirokokk | 2008-02-24 22:36

朝の目覚めに  08・2・24

さわやかな 健やかな朝の目覚めに
今日も神様に感謝して
窓辺により 新鮮な空気取り入れる
そばには美しい薔薇の花が一輪
きれいに咲いて欲しいと
冷たい風に当たらぬように
雨を受けないようにと
信仰の友から送られた
大切にしている鉢植えの薔薇の花
その美しさに吸い寄せられ
幸せ感じるよき時である
[PR]
by hirokokk | 2008-02-24 08:19

主の家に行こう   08・2・23

主の家に行こう
ともに手を携えて
まだ主を知らない人誘い
主は 私にあなたに 愛する人々に
食卓では宴を儲け
平安があるように 平和があるようにと
いのり 招いてくださっている
主の愛に包まれて憩える
温かい家の中に
[PR]
by hirokokk | 2008-02-23 19:26

イエス様有難う  08・2・23

日常のすべきことの一つ 洗濯物干しながら
ベランダで朝の光りうけ
思うはイエス様 心に思うさまざまを
自由に 散文詩として表現できること
いつに間にか私に 不思議にも
出来ている
イエス様が そうさせて下さったのよ

嬉しくて どんどん神様称える
散文詩書こうと 心も踊り 
明日への励みになって 力湧いてくる
心に浮かぶこと書き現せることが
こんなにも嬉しいこととは知らなかった
こんなにも楽しいこととは思わなかった
私の中に新しい領域を与えられて
ただ感謝いたします
イエス様有難うございます
私をそうしてくださって。
[PR]
by hirokokk | 2008-02-23 11:10

光りうけ  08.2.23

朝の光りうけ 心も輝き
今日の日 何を致しましょうと
心に思うひと時は 宝のとき
主を思い 心向けると
なにやら嬉しさこみ上げて
楽しさ湧き出して
嬉しいな嬉しいなと 心につぶやく
そんなとき与えられ 
神の光の中で 憩うこのときは
私の最高のとき
[PR]
by hirokokk | 2008-02-23 10:05



散文 散文詩
以前の記事
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧