いのちの川

<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

町田ダリア園へ  07・9・29  (23)

長年の友と 町田ダリア園へ
昨日に比べ肌寒く 小雨降り
中には誰もいない 
ダリア園は 夏の暑さと台風のため
不作で 無料だった

みわたせば汚れなく
美しく咲き誇る花もあり
雨粒つけて つぼみ 満開と様々
赤 黄色 紫 白 花びらとりどり
赤白の彼岸花も 咲きそろう
けれども見る人もなくさみしそう
季節はずれではないのに

小雨やむ今  傾斜を上り
ダリア畑から見渡す景観は
はるかかなたの雲うっすら色づき
こなたはまだ雲厚い
二人だけの静かなこのとき
周りの木々の緑に心引かれ 
思わず緑っていいわねーと語り合う
心潤うよきときを
友の車に乗り ありがとう
[PR]
by hirokokk | 2007-09-29 22:41

嬉しき交わり 第2回  07・9・28

キリストがうちに生きておられる                                       命流れる友達と
快よきひと時過ごす
この喜びに 勝るものはなし
集う誰もがキリストの命もち
それぞれの個性の中で
彼の命が息づき 命の流れを楽しむ

人間だったら クリスチャンでありたいと
力強く語られる 兄弟のことばに感動し
創られた者は 神に感謝する日々歩み
我らが喜んで語るキリストを
天の父は 微笑んでみて下さる
これほどの喜びがあるだろうか?
ハレルヤ!

 ガラテヤ2:20
生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私のうちに生きておられるのです。
私が今肉において生きているのは、私を愛し、私のために身を捧げられた神の子に対する信仰によるものです。
 
[PR]
by hirokokk | 2007-09-29 10:56

満月を見る  07・9・28

満月の煌々と輝く 
光に魅せられて
夜空を照らす月に
我が思い 
遥かかなたへ
星星輝く 
宇宙の果て果てに

輝く月に
喜びとわびしさともにあり 
今宵も夜空を見上げれば
心の落ち着きかんじ
1人ひっそりとたたずむ
星星も きらきら輝きます

ともに並び眺める 
あの人はいない
わが心から遠い人
孤独の中で 
静かに恋しい人求めて
[PR]
by hirokokk | 2007-09-29 09:52

命受け  07・9・25

人が生きる
他のものの命受け いきる
主が創造された命あるもの
自然界に宇宙に さまざまの形で存在する
植物に、動物に、鳥に 魚に
海のもの 空のもの 地にあるもの
たくさんたくさんの命がある
それらを人は治め、支配し
他のものの命いただき 命を利用する
こんなにも神の恵みを受けながら
感謝の心を忘れ、当たり前となる
思い出してみよう 神の恵みを
感謝し 神に頭を下げよう
ありがとうございますと

      創世記1:28
  神は彼らを祝福していわれた。
  「生めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。
  海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物すべて支配せよ。」

 おかげでこの地球上には、60億以上の人類が生きている。
[PR]
by hirokokk | 2007-09-25 17:43

 礼拝より② 主の命 07・9・23

私はイエス様の命受け その道を歩む
心に喜び満ち 平安訪れる

この方の他 神はいない
父が私を引き寄せられ
命をお持ちのイエス様に 
時間の流れの中で 
霊的な目が開かれた

父の元から来た イエス様信じる者は
神にうけいれられる
私はキリストを楽しみ 命を楽しむ
信じることにより命をえた
この方を信じこの方の中に入り
いや入ってくださる
この結合が命を育て
主の霊があるところに 
メタモルフォ-シスされる

命を与えるのは霊 レーマ(言葉)
命を与える言葉を受けよう
ハレルヤ!

  エフェソ1:4
 4 天地創造の前に、神は私たちを愛して、
   ご自分の前で聖なるもの 汚れのないものにしようと、
   キリストにおいておえらびになりました。
   
   神がえらんでくださったことに感謝いたします。
[PR]
by hirokokk | 2007-09-24 00:32

礼拝より① 心一つ  07・9・23

 心に響く静かな 間奏曲
しみじみとした 余韻流れる
この響きの中で貴方と心一つ
ともに楽み合い
聖なる方を 褒め称えます

 貴方がこの讃美の中で
私に触れてくださり
心はドキドキし 喜びを持って
貴方の訪れを楽しみ
笑顔があふれ出ます

 主が私に近づいてくださり
心の扉を叩きづづけ 新しい境地に 
導きくださることを感謝します

 キリストの豊かさの中を 信頼して歩み
神の子とされたことを 感謝いたします
貴方が流してくださった 血のゆえに
み前に立ち、恵みと真理の上に
貴方の統治が 到来していることを
感謝します


   ヨハネの黙示録 3:20
  見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。
 誰か私の声を聞いて戸を開ける者があれば
 私は中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、
 わたしと共に食事をするであろう。

   ローマ8:14
 神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。
[PR]
by hirokokk | 2007-09-23 22:52

さよならピーちゃん  07・9・22

ピーちゃんピーチャンと声かけたインコ
息子に連れられ かえってった
ことばかける相手がおらず
何か心さみしい

我が家にいたほうが
ピーちゃん幸せでは
なきごえで呼んでも声はない日中
ほしいなーといったけど
母さんもかったらといわれてしまった
仕事からかえってきたら
もっと声かけてあげてね
覚えていた言葉も忘れてしまい 
きっとさみしいのよピーちゃんは

おいていた場所に 
いまはピーちゃんいない

天のお父様も 創られた方を忘れて 
心離れている人を どんなに悲しんでいることか
私の元に返っておいでと呼んでおられる
[PR]
by hirokokk | 2007-09-22 09:58

礼拝から思う ② 07・9・20

真理と霊によって礼拝します
貴方は私の命
あなたのみ力を知らせて下さい
あなたを求め 貴方を慕います
貴方が私を捉えてくださり
攻められることのないものと
してくださったことを感謝いたします
軽快なリズムとともに
主を讃美することは 私の力となり
喜び満ち 自由とされます
そのために貴方はほふられました
御前に臥して 貴方を礼拝します
あがめます 貴方の命を


    ヨハネ 14:6
 私は道であり、真理であり、命である。
わたしを通らなければ、
 誰も父のもとに行くことが出来ない。
この方が、私を捉えてくださったことを感謝いたします。
[PR]
by hirokokk | 2007-09-21 21:40

祈り 3  07・9・20 

 私は祈る 父なる神に向かい
すべてを計らってくださり
日ごとの糧を与えてくださる
主のご計画に従って
すべてよきようにとしてくださる方に
感謝の心を持って
息をするように耐えず 祈ろう

罪によって死んでいた霊が
イエス様のおかげで 
神に向かい祈れる
御霊もとりなしてくださり
天使も聖徒を助けてくださる
三位一体のお方が我が内におられ
父なる神の御心を成就出来るよう
助けてくださる
なんと恐れ多いいことでしょう
ただ感謝 感謝 ハレルヤ!

ヨハネ14:13~14
 13 私の名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。
    こうして父は子によって栄光をお受けになる。
 14 私の名によって何かを願うならば、
    私がかなえてあげよう。

ローマ8:26~28
 26 同様に、「霊}も弱い私たちを助けてくださいます。
    私たちはどう自らが、祈るべきか知りませんが
    「霊」自らが、言葉に表せないうめきを持って
    執り成してくださるからです。
 27 人の心を見抜く方は、「霊」の思いが何であるかを
    知っておられます。「霊」は神の御心にしたがって、
    聖なる者たちのために、執り成してくださるからです。
 28 神を愛するものたち、つまり、ご計画にしたがって
    召された者たちには、万事が益となるように共に働く
    ということを、私たちは知っています。

ローマ8:34
 34 誰が私たちを罪に定めることが出来ましょう。
    死んだ方、否、むしろ、復活させられた方である
    キリスト・イエスが、神の右に座っていて、
    私たちのために執り成してくださるのです。

ユダ20 しかし愛する人たち、あなた方はもっとも
      聖なる信仰をよりどころとして生活しなさい。
      聖霊の導きの下に祈りなさい。

ヘブライ人 1:14  
 14  天使たちは皆、奉仕する霊であって、
     救いを受け継ぐことになっている人々に
     仕えるために、遣わされたのではなかったですか。


 父なる神様は 私のためにこんなにも心配りして下さっておられる。
どうして生ぬるい心でいられようか。
 この方に心ゆだねて、篤い思いでおしたい致します。
[PR]
by hirokokk | 2007-09-20 19:46

相撲  07・9・19

久しぶりで、大相撲を見て
昔 吉葉山 千代乃山 若乃花 栃錦 
貴乃花 柏戸思い出す 
初めはラジオの頃から
若き青春の日 いつしか過ぎ

いまや平成19年 
道を歩いてもお年寄り多い
其の1人に私も入る

力士の体太いと思えど
ひきしまって皮膚もつややか
朝青龍お休みで 1人横綱白鳳
今日は敗れた 
初土俵の豊島に 引き落としで
残念!
[PR]
by hirokokk | 2007-09-19 18:13



散文 散文詩
以前の記事
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧