いのちの川

命の目覚め  08・5・23

私の命は眠りからさめ、
この世で生きる心模様を表す思索に、とらわれ始めた。
この命の流れが、どのようにして心の中に入ってきたのか、私には分からない。
朝の小鳥のさえずりを聞き、その歌声から何か澄んだ喜びをもたらし始めた。
私の命は眠りから覚め、ささやかな耳には聞こえないもの、目には見えないものをもを感じ、命の響きがひたひたと押し寄せる。
この地の大きな神の霊の流れに耳澄まし、心のうちに、散文詩(うた)が、流れ始める。
この命の流れに心留めるとき、言葉があふれ、希望が生まれる。
老いたこのみでありながら、いまなお生きて存在することに喜びが生まれる。
命の言葉をイエス様から頂き、書き表したいと思う。
空には小鳥のさえずりが、飛行機の爆音聞きながら、ここちよい5月の春の花咲くときに。
すべてのものにこの喜びを語り伝え、ともに喜ぶ交わりで、イエス・キリスト様と一つになりたいと願う。

春風が部屋の中に
眠気を呼び覚ますがごとく
うながして
まぶたの上を
優しく過ぎてゆく
春風が
スーと通り過ぎてゆく
[PR]
by hirokokk | 2008-05-23 12:03
<< 好きです。  08・5・24 ばらの香り  08・5・23 >>



散文 散文詩
以前の記事
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧